GR導入

RIcohGRを購入しました。

GR箱

GRシリーズは、GRDigitalからずっとつきあっている感じです。(フィルムカメラは持っていません)
初代GRD、3代目・4代目に続いてのGRとなります。

5月頭に先行体験会というものがあり、実際に触ってきました。
操作性はいままでと変わらず、ただし、便利な機能が増えてさらに使いやすくなっていました。
大きさは若干大きくなって重くなっていますが、片手に持つ重さとしては問題ない程度です。サイズについてはAPS-Cカメラとしてはこの大きさによく収めたなという印象です。RICOHのこだわりと技術力はすばらしいです。

スナップ写真の意味をよく分かっていなかったのですが、トークイベントで写真家の方の話しをうかがっていて、意味がわかった気がしてきました。自分も写真を撮るときは意識して撮ってみようと思っています。

設定については、GRD4の時の設定を踏襲し、siologyの塩澤さんの設定も参考にしました。

画質については、APS-Cサイズということもあり、一皮剥けた品質に仕上がっていました。
GRDはマクロ1cmからという性能だったのも有り、同じように寄って写真を撮ってしまいがちで、ピントが合わないと思うシーンが結構ありました。これは慣れで解決できるでしょう。

素晴らしいカメラと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です